男の人と女の人

リスクを回避する方法|初心者でも資産運用が上手くいく

目標とする資産額を決めて

お金

冷静な判断を常に持つ

初めて自分の資産を増やそうとする資産運用の初心者にとっては、資産運用と投資の違いはわからないものです。投資は、短期投資と長期投資の2つがあり、短期間で利益を出そうとする短期投資、ある程度の時間をかけて利益を出そうとする長期投資があります。資産運用は、その人が持っている資産を長期に渡り運用し、目標とする資産の水準まで上げようとするものです。そのため、一部分の損失は気にすることなく、常に資産の配分に気をつけながらトータルでプラスを目指します。このときに初心者が注意したいのは、運用する資産をどのように配分するかです。これが、資産運用を成功させるか否かの大きな分かれ道です。資産運用中に大きな損失がでたときに、つい慌てて損失を埋めようとして新たな投資をしてしまうのが初心者に多い失敗です。これは、ただ損失を大きくするだけになりやすいので初心者はやめておきましょう。初心者が資産運用するときは、まずどれくらいの金額まで資産運用にあてるのかを決め、損失が出始めたときは、どれくらいの損失でやめるのかを事前に決めておきます。そして、いざ損失が出始めたときは、盛り返すことは考えずに機械的な判断で冷静に切り捨てていきます。資産運用をしているときに、利益を出しても損失を出しても、それにふり回されないことが初心者には非常に大切です。資産運用にふり回されないためにも、自分独自の資産運用のルールを決めておき、それにそった運用を心がけるようにしましょう。

投資を行なう

財布

個人投資家向けのセミナーに参加して、初心者に必要な知識を身に着けることが、資産運用を始める場合のポイントです。証券会社で口座を開設した後は、目的に合わせて投資信託を積み立てたり株式を購入することで、資産を大きく増やせるでしょう。

リスクの少ない投資

メンズ

資産運用は大きく資産を増やすチャンスもありますが、リスクも伴いますので、損失が出る可能性もあります。初心者の方はまずはリスクの少ない方法、少額の資金で始めることができる方法を選びましょう。投資信託なら小額から始めることができ、運用もプロに任せることができます。

投資対象別の必要知識

貯金箱

知識がなければ、誰でも安定して資産を形成できません。株式投資をするのなら財務諸表を読み解く知識を、不動産投資をするのなら不動産市場に精通する必要があります。資産運用の初心者の方は、大事な資金を動かす前にしっかりと必要な知識を身に付けましょう。